髪の毛が切れやすくなってきてしまった

塩素が髪の毛に及ぼす影響

水道水は家庭に供給される際に、水を浄化するために塩素を使っています。その塩素が髪の毛に良くない、と言う説があり、実際に新聞の記事などでも呼んだことがあります。水道水に含まれている塩素が髪の毛の表面を傷つけてしまうためだ、というのです。実際プールで泳いだ後など、ほっておくと髪がパサつく感じになるのを経験したことがある人は多いでしょう。もっともプールの水に含まれる塩素は、家庭用のじゃ口から出てくる水よりも、はるかに多い塩素を含んでいるようですけどもね。塩素は髪の表面について酸化すると髪の毛をいためてしまいます。また髪の毛を傷つけるのは、塩素だけに限らず、水道水に含まれる銅イオンも髪の元となるたんぱく質を破壊指令るかもしれない、と言う説も有ります。銅イオンは水に含まれる、というよりな、水が家庭用に運ばれてくる過程で銅管をくぐってくるので、その間に銅イオンが水に混ざってしまう、と言う事です。確かにこれらの成分は、髪の毛の表面や成分に対して、よからぬ働きをする事は、科学的には事実のようです。実際、多くの人達は、飲み水にするには、そのままの水道水はよくない、と判断して浄水器を設置しているのではないでしょうか。体内に入れるのに抵抗がある、と言う事ですから、髪に付着する事にかんしても少し心配になるのはもっともでしょう。新宿 美容室に掛ける費用を、なるべく抑えたい、と考える時に、極端な話ただで施術を受けることができたら一番良いですよね。そんな方法があるはずがない、と思われるかもしれませんが、実は「カットモデル」という選択肢があります。カットモデル、とはみなさんがなじみがあるのは、美容師のたまご達が自分のカットの練習のために、練習台になって髪を切らせてくれる人を募集している、と言うイメージがあると思うのですが、そうなってくると、「タダなのは良いけれども、腕のない美容師が切る事が解っているのだからちょっと抵抗がある」と感じる人も少なくないでしょう。ところが、カットモデル、というのは、そういう新人さんたちの練習台ばかりではないみたいなんですね。他の目的として、すでに様々なテクニックを身に着けたベテラン美容師が、例えばコンテストに出場するための練習とか、コンテストの本番などにモデルを募集する事も有るのです。それならば、少なくとも新人さんよりは技術を持っているはずですから、安心ですね。そんなカットモデル何て、どこで募集しているの?と思うかもしれませんが、実は最近はネット上でも、美容師とカットモデル希望者のマッチングをするようなサイトも有るらしいです。興味があれば検索してみる価値はありそうです。